プロフィール

フォトアルバム

福井県国際理解教育研究協議会(FIAT)

福井県国際理解教育研究協議会は、在外教育施設派遣教員、青年海外協力隊として派遣された小・中学校教員、および本会の趣旨に賛同する有志で、平成11年11月に組織された研究団体です。

カテゴリ

2019年9月10日 (火)

全海研研究大会北海道大会の報告

【8月22日(木)】会場:旭川トーヨーホテル
 12:30~13:30 開会行事
 13:30~16:00 特定課題別分科会(5つの分科会)
        第4分科会「日本人学校のインターナショナル化」に参加
 16:00~17:30 記念講演「これからの外国語教育と国際理解」
         北海道教育大学札幌校教授 萬谷 隆一 氏
【8月23日(水)】会場:東川小学校、東光幼稚園、旭川藤星高等学校
   8:45~ 9:25 東川小学校公開授業「Globe 一日の生活を伝えよう」
 10:30~11:15 東光幼稚園公開授業「英語であそぼ(5歳年長児)」
 11:15~13:00 移動(旭川藤星高等学校へ)昼食
 13:00~13:30 全体会・研究発表
 13:30~14:30 授業別分科会(東川小学校の分科会に参加)
 14:45~17:15 実践事例発表会(管理職の実践に参加)
【8月24日(水)】会場:旭川トーヨーホテル
  9:30~11:30 トーキングテーブル(「派遣への道」に参加) 

「世界と子どもをひらき、つなぎ、つむぐ教育をめざして~ネットワークでつむぐ、あすの教育~」の研究主題のもと、日本人学校等の在外教育施設に派遣された教員で組織する教育研究協議会の全国大会(北海道大会)に参加した。
 記念講演で、「これからの外国語教育と国際理解」として、北海道教育大学札幌校教授 萬谷 隆一 氏は、外国語教育は、異文化を持つ人々との直接的対話のツールと共感的態度を身につけさせるという点で、国際理解教育につながる有益な教育活動であり、逆に国際理解教育を推進することで、異文化及び異文化を持つ人々への親近性が高まり、外国語習得を促すことにもなると述べていたが、全くその通りだと思った。
 東川小学校では、教育課程の研究開発校として、新教科「Globe」として、国際理解教育と英語教育を合わせた教科の授業を実施しており、児童が、交流する国の文化を考えながら、発言していたのが印象に残った。

北信越ブロック新潟大会報告

1 日時 8月5日(月)~8月6日(火)
2 会場 シティーホールプラザ「アオーレ長岡」西棟3F協働ルーム
      新潟県長岡市大手通1丁目4番地
3 内容
【8月6日(火)】
  9:00~ 9:50 開会式(主催者挨拶、来賓祝辞、各県の取組報告)
  9:50~11:20 講演会「グローバル化で求められる能力」
  11:20~12:15 スタディツアーの取り組み紹介(日本人学校の訪問)
  12:15~13:30 北信越各県代表者会
  13:30~16:45 実践発表発表(発表数14本)

  福井県の発表 ・青島日本人学校の教育と現地理解
         ・シンガポール日本人学校クレメンティ校の実践
16:45~17:00 閉会式(主催者の言葉)

「豊かな心で、新たな時代を拓くグローバル人材の育成」の大会テーマもと、日本人学校等の在外教育施設に派遣された教員で組織する教育研究協議会の北信越ブロック大会に参加した。
 研究大会では、①日本人学校での特色ある取組、②国際理解教育の実践、③日本人学校・補習授業校における運営や経営、④シニア派遣の実際の14本の実践研究が発表され、「グローバル人材の育成」という視点で研究協議が行われた。また、北信越各県の国際理解教の取組についての情報交換も行われ、今後の本県での国際理解教育の推進に活かしていきたい。

2019年度福井県国際理解教育研究大会

1 開催期日   令和元年8月2日(金)13:00~16:00

2 開催場所   福井市きらら館  大ホール

3 参加人数  福井県内小中学校教員90名

4 事業概要・成果

<概要>

第1部  講演 『グローバル教育のすすめ』

      講師  全国会街子女教育・国際理解教育研究協議会

          会長  滝 多賀雄 氏        

 第2部  実践事例発表

     『マニラ日本人学校での教育・子どもたちの生活の様子』

                  講師   坂井市丸岡南中学校教諭  荒井 啓臣 氏

         (前 マニラ日本人学校 教諭)

   第3部  参加型ワークショップ

      講師   JICA北陸

         福井県国際協力推進員 竹本 沙織 氏

<成果>

 第1部の講演では、今後の在外教育施設や国際理解教育のあり方についてお話をうかがった。ダイバーシティ(多様性)が学校教育にも求められる時代において、日本人だけのコミュニティーにとらわれない感覚を磨いていくことが、在外教育施設や国際理解教育をすすめるにあたって重要であることを教えていただいた。

 第2部では、在外教育施設に派遣され今春帰国した教員から「派遣国の生活習慣や文化、派遣校での教育について」の貴重な話を聞くことができた。日本と海外では常識が異なることや、在外教育施設では海外の事情に合わせて教材や指導方法を工夫していることがよく分かった。

 第3部のワークショップでは、国際理解教育の授業で活かすことができそうな指導方法を伝えていただきながら、ゴミ問題や温暖化などの地球規模の課題について理解を深めることができた。

 参加者の反応や活動も大変活発であり、参加者同士で活発に交流する場面も多く見られた。今回の研究大会が、参加者の今後の国際理解教育実践の一助となることを期待している。

 この研究大会は、福井市教育委員会課題別研修も兼ねています。

2019年6月 4日 (火)

2019年度福井県国際理解教育研究大会を開催します。

 この地球・世界ではどのようなことが起きているのでしょうか。日本人学校での教育・子どもたちの生活の様子などについて紹介します。また、体験活動を通して、地球的・世界的視野を持った国際派教師として共に踏み出しましょう。

1 研究主題

  「地球的・世界的視野を広げるグローバル教育のすすめ」 

2 日 時      

  令和元年8月2日(金)  13:00~16:40

3 会 場       

  福井市きらら館   多目的ホール

  福井市風巻町第20号17番地  TEL0776-98-3700                      

4 主 催        福井県国際理解教育研究協議会              

5 日 程(予定)

 13:00~13:20 受 付

 13:20~13:30 開会行事、日程説明

 13:30~14:30 

  講 演  『グローバル教育のすすめ~日本人学校の現状と課題~』

        講師  全国海外子女教育・国際理解教育研究協議会 会長

 14:40~15:20 実践事例発表 

      『マニラ日本人学校での教育・子どもたちの生活の様子』

                講師  H31年3月帰国教員(前 マニラ日本人学校教諭)

 15:30~16:30 参加型ワークショップ

      『地球的・世界的視野を育むワークショップの体験』

 16:30~16:40 閉会行事

6 参加費        無料

 ・・・・皆様のご参加をお待ちしています。

総会・帰国報告会を開催しました。

福井県国際理解教育研究協議会(FIAT)では、2019年度総会・帰国報告会を開催しました。会員及び会員以外の方で、国際理解教育、在外教育施設(日本人学校等)への派遣に興味のある方にも参加していただきました。総会・帰国報告会の後、帰国者を囲んでの慰労懇親会で情報交換を行いました。

1 日 時  2019(令和元)年6月1日(土) 13:30~16:30

2 会 場  福井市順化公民館第2教室 福井市大手3丁目16-1

3 日 程  総   会 13:30~14:30

       ・2018年度事業報告、決算報告

       ・役員改選

       ・2019年度事業計画、予算案

       ・北信越ブロック大会(長岡)、全国研究大会(旭川)

       帰国報告会 15:00~16:30

       ・シンガポール日本人学校クレメンティ校の教育実践等

4 その他  日本人学校派遣に関する相談等

 ※18:00~20:00 情報交換会(帰国者慰労懇親会)参加者18名

2019年5月14日 (火)

総会・帰国報告会を開催します。

福井県国際理解教育研究協議会(FIAT)では、2019年度総会・帰国報告会を開催します。我と防虫とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席ください。また、会員以外の方でも、国際理解教育、在外教育施設(日本人学校等)への派遣に興味のある方のご参加もお待ちしております。

1 日 時  2019(令和元)年6月1日(土) 13:30~16:30

2 会 場  福井市順化公民館第2教室 福井市大手3丁目16-1

3 日 程  総   会 13:30~14:30

       帰国報告会 15:00~16:30

4 その他  日本人学校派遣に関する相談等

 

2019年4月 9日 (火)

日本人学校派遣教員の募集が始まりました。

在外教育施設(日本人学校、補習校)の派遣教員募集が始まりました。

◎現職教員の方

 各市町教育委員会を通して、県教育委員会に応募書類を

提出することになりますので、校長先生に申し出て応募することになります。

なお、各市町教育委員会での応募締め切りが4月25日前後となる場合が多いので

早めに校長先生に申し出て、必要書類を準備しておくことが必要です。

◎シニア派遣を希望される方

 文部科学省へ直接、応募することになりますが、応募書類として、志願書、選考調査書、

校長または市町教育委員会の推薦書、健康診断書が必要となります。

 詳細、必要書類のダウンロードは、下記の文部科学省HPをご覧ください。

   http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/clarinet/1294120.htm

         募集チラシbosyuchirasi.pdfをダウンロード

2019年3月 6日 (水)

異文化理解、国際理解教育の出前授業を行います。

 本会では、会員が国際理解教育サポーターとなって、在外教育施設派遣の経験を生かし、県内の学校現場で行われる異文化理解、国際理解教育がより充実したものとなるよう、派遣国の生活や文化等に関する出前授業や各種資料提供を行っています。

主な内容
 ・赴任国の生活、風習、伝統行事などを教材とした体験活動の実施
 ・海外の子供たちとのテレビ会議等を活用した交流活動の実施 等
 ・赴任国での生活、現地理解で実際に体験した人種問題 等

 ※国際理解教育推進サポーターについてのお問い合わせは、

  福井県国際理解教育研究協議会事務局までお願いします。

授業実践記録集が完成しました。

本会では、福井県教育委員会から平成30年度「教員自主研究活動支援事業(授業実践研究)」補助金の交付を受け、福井県での国際理解教育の推進に資することを目的として、下記の研究主題のもと、授業実践研究に取り組みました。

 本会会員がこれまでに取り組んだ国際理解教育の授業実践をまとめた授業実践記録集が完成しました。県内小中学校に配布しましたのでご活用ください。

主な内容

1 道徳で他国の文化に関心を

2 ◯◯はかせになろう  ~ カナダ・フィリピン ~ 

3 中国ってどんな国?

4 多民族国家  ~マレーシア~ 

5 「国際理解教育推進サポーター」活動について

 この実践記録集によって、本県の国際理解教育の推進・充実に貢献するとともに、会員相互の情報交換と会員以外の方々に本会の活動を知っていただく機会としたいと考えております。

 

 ※授業実践記録集、国際理解教育推進サポーターについてのお問い合わせは、

  福井県国際理解教育研究協議会事務局までお願いします。

2019年2月 4日 (月)

授業実践記録集がまもなく完成します。

 本会では、福井県教育委員会から平成30年度「教員自主研究活動支援事業(授業実践研究)」補助金の交付を受け、福井県での国際理解教育の推進に資することを目的として、下記の研究主題のもと、授業実践研究に取り組みました。

 本会会員がこれまでに取り組んだ国際理解教育の授業実践をまとめた授業実践記録集がまもなく完成します。県内小中学校に配布したいと考えています。

主な内容

1 道徳で他国の文化に関心を

2 ◯◯はかせになろう  ~ カナダ・フィリピン ~ 

3 中国ってどんな国?

4 多民族国家  ~マレーシア~ 

5 「国際理解教育推進サポーター」活動について

 この実践記録集によって、本県の国際理解教育の推進・充実に貢献するとともに、会員相互の情報交換と会員以外の方々に本会の活動を知っていただく機会としたいと考えております。

 

 ※授業実践記録集についてのお問い合わせは、

  福井県国際理解教育研究協議会事務局までお願いします。